「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:天文ガイド( 5 )

月刊天文ガイド 2017年1月号:入選

f0304354_20384791.jpg
「未明の閃光」

EOS 5D Mark III
EF8-15mm F4L FISHEYE

今年乗鞍大黒岳で撮影したものです。
今年は天気が悪く遠征3回のうちスッキリ朝まで晴れてたのはこの日だけでした。
雲海もあり素晴らしい黄道光を見ることができました。


選評:
りんさんの作品は、冬の天の川と夜明けの黄道光が画面の上辺付近でクロスする美しい光景を対角線魚眼レンズでとらえたものです。
黄道と銀河赤道の交点は、ふたご座のカストルの足元あたりと、いて座の南斗六星の柄のあたりにあります。
この交点が、薄明開始前の東の空、もしくは薄明終了後の西の空にあるときに、天の川と黄道光がクロスしている様子を撮影することができます。
日本からは緯度の関係で、カストルの足元あたりが宵の西空か明けの東空に位置することが撮影の絶好期になります。

[PR]
by rin23n_photo | 2016-12-05 00:00 | 天文ガイド | Comments(2)

月刊天文ガイド 2015年12月号:入選

f0304354_025637.jpg
「夏の帰り道」

PENTAX 67II
SMC PENTAX67 45mm F4
フジクローム プロビア400X

8月の雷雲に恵まれた乗鞍、月が出てからも素晴らしい空でまだ見頃を保っていたお花畑で撮影しました。
相変わらず露出に四苦八苦。
誌面では大きく掲載されており驚きました。雑誌掲載過去最大ではないかな?恥ずかしいです・・・。


選評:
すばらしい星空が見られる場所として知られる乗鞍岳の畳平からとらえた沈む夏の大三角の日周運動の光跡です。
画面の両側の山体の間へ伸びる木道が印象的です。山肌を薄っすらと照らしているのは、ちょうど背中側にあたる
東の空に浮かぶ月例23.7の月でしょう。天文薄明が始まったころに撮影を開始した好影響で、背景の星空の色が
程よく青みを帯びた美しい色あいになっています。
[PR]
by rin23n_photo | 2015-11-05 00:00 | 天文ガイド | Comments(0)

月刊天文ガイド 2015年11月号:入選

f0304354_0121141.jpg
「天に轟く」

EOS 5D Mark III
Carl Zeiss planar T* 1.4/50

前回掲載ぶりの天ガ応募。
この夜は本当に素晴らしかったです。
連続撮影してましたが、天の川の位置と理想的な閃光が重ならず悔しい思いをしました。
自然のことなので仕方ないですね・・・。


選評:
山岳シルエットと天の川銀河の中心方向の光芒だけでも素晴らしい星空風景なのに、
闇夜に光る雷雲が加わることで雄大な自然の凄みさえも感じさせる圧倒的な作品に仕上がりました。
撮影者も「一瞬ごとに表情が変わり夢中で撮影しました」とのべています。

[PR]
by rin23n_photo | 2015-10-05 00:00 | 天文ガイド | Comments(0)

月刊天文ガイド 2015年2月号:入選

f0304354_21304228.jpg
「湖畔の奏」

EOS 5D Mark III
AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G

自然湖にて。
初めて訪れた場所でしたがとてもいい光景が盛りだくさんで一晩中興奮しながら撮影したのが記憶に新しいです。
またぜひ行きたい。
無風でレンズ曇りまくりでせっせと拭きながらだったので仕上がりが汚いのが心残りでした。


選評:
鏡のように静まり返った湖、その湖面に映るオリオン座、感じのよい手前の枯れ木、
画面上部から張り出した梢、月光にほどよく照らされた対岸の秋景色。
こうしたモチーフに出会った時点で、作品の成功は約束されたようなものですよね。
それを上手に作品にまとめた腕前は大したものです。

[PR]
by rin23n_photo | 2015-01-05 00:00 | 天文ガイド | Comments(0)

月刊天文ガイド 2014年12月号:入選

f0304354_19280064.jpg
「初秋に巡る」

PENTAX 67II
SMC PENTAX67 45mm F4
フジクローム プロビア100F

初めてのフィルム、初めての天ガ掲載。
ここまで長かったなぁ。我ながらやること遅すぎ・・・。
フィルム難しいです。


選評:
超広角レンズを装着した6×7判カメラでとらえたカシオペヤ座からこぐま座にかけての
日周運動の光跡です。よく整備された登山道が星空へ続く道のようで素敵です。
りんさんは最近フィルムカメラを始めたそうで「デジタルとは違ったおもしろさがあります」とのべています。

[PR]
by rin23n_photo | 2014-11-05 00:00 | 天文ガイド | Comments(0)